スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

年の最後のご挨拶☆

P1080978.jpg
私にとって今年はまどマギに始まり、タイバニに終わる一年でした。
(まどマギの方はあまりブログには登場しませんでしたけど、
実はかなり好きだったりします)
ここ何年か、私のヲタ世界はほぼエヴァオンリーだったわけですが、
この2作品を好きになったことによって、
より豊かに色鮮やかになったなったような気がします。
新しい扉がバンバン開いて、燃えと萌えの風がびゅびゅう吹き込んでくるような・・・。
交流させて頂く方も増えて、本当に楽しかったです。
もちろん、エヴァも変わらず大好きですよ!
来年は大本命のQに加え、気になる劇場作品がテンコ盛りで、今から((o(´∀`)o))ワクワク
お財布的には大ピンチですが、
私のヲタ人生で最も充実した1年になる予感がしますね~。

ガガガッと更新するかと思えば、ピターッと音沙汰のなくなる、
不定期もいいところのブログにお付き合い下さった読者様に感謝しつつ、
これからももまったりやっていこうと思います。 
今年一年本当にありがとうございました!!


拍手ありがとうございます!
以下、拍手お返事です↓



続きを読む

スポンサーサイト
2011-12-31 : フィギュア関係(改造含む) : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

タイバニねんどろでクリスマス画像とか、グッドラックモードwとか。 ※拍手お返事有り

P1080948ふちぼかしブログ用
お友達に送って頂いたチョコレートがとっても可愛かったので、
そのうちの一種類とタイバニねんどろを絡めてクリスマス画像を作ってみました。
他にも可愛いチョコを色々頂いているんですが、撮影するのが早いか、
食べちゃうのが早いかwww


P1080951ふちぼかしブログ用
ワイルドにターキーを丸かぶりするおじさんと、
手掴みで物を食べることにあまり慣れていないバニーちゃんw

バニーちゃんは4歳からのクリスマスを、これから皆とやり直していけばいい。
両親が殺害されてからの20年間のクリスマスを
彼がどうやって過ごしてきたかを考えると胸が痛みます(>_<)


P1220791ブログ用
昨日ツイッターでアニメディアの版権絵のおじさんの
とらパンチが話題をさらっていたので、あえて作ったうさパンチ画像です。
うさ耳は髪の毛に無理矢理挟んでいるだけなので、ものすごく不安定(^_^;)


P1220797ブログ用
我が家のねんどろバディ的グッドラックモード(´∇`)
うさパンチととらキックで公式と逆になっちゃいましたが、
色味的にこっちの方がしっくりくるので☆


タイバニねんどろいどのメイキング各記事にたくさんの拍手を
ありがとうございました~<(_ _)> 
メイキングとも呼びにくい拙い代物でどうかと思ったんですが、
ツイッターや拍手で励ましやお礼のお言葉をたくさん頂戴して、
本当にアップして良かったな~としみじみ思いました!!!
「これでフィギュア改造に興味をもった」って言って下さる方もいらして、
めちゃくちゃ嬉しかったです!!!





以下、拍手お返事です~↓


続きを読む

2011-12-10 : フィギュア関係(改造含む) : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

うさ耳の破壊力w

P1220799.jpg
オクで落札したfigma高嶺愛花の付属パーツが届きました。


P1080954.jpg
以前投げ売りでゲットしたアイマスのフロリボに付属していた
ケモ手に色がピッタリ(*^▽^*)!!
400円って、ちょっと高いかな?って思ったけど、落札して良かったです!!
それにしてもシンジ君の困り顔は汎用性が高過ぎるwww
可愛いなぁ・・・(*´д`*) ←親バカww


P1220802.jpg
ちょっと無理矢理だったけど、カヲル君にも装着出来ましたぜ~(´∇`)
カヲル君の方が色味的にはウサギっぽいですよね☆


すみません!! エヴァ記事なので、タイバニねんどろに頂いた
拍手のお返事は次の記事にて~<(_ _)> 
2011-12-10 : フィギュア関係(改造含む) : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

タイバニねんどろいどのメイキング その8 (おじ塗装&完結編)

P1220738.jpg
おじさんの造形が大体終わったので、早漏気味ですが、
またしても髪の毛だけ先に塗ってみましたw
ミスターカラーの33番のつや消しブラックを全体に吹いた後、
明るい部分を29番の艦艇色と、131番の赤褐色を混色したもので
グラデーションに吹き、仕上げにつや消しのクリアーを吹いてみました。
グラデに関しては、多分バニーちゃんよりは上手くいったと思います。
顔は真城最高の笑顔に、とりあえずお髭だけ足してみたもの。


P1220745.jpg
頭部がとりあえず完成したので、
まあこんなことして、ちょっと遊んでみたりw


P1220742.jpg
例によって、アスカとシンジ君のプライズのフィギュアと挿げ替えてみたりw
あ、バニーちゃん、ちょっと眼鏡ズレてる(;´∀`)


高木秋人
※画像は公式からお借りしています。
しかし、ここまでくると、未だにおじさんの標準顔のパーツがちゃんと決まらないのが
かなり気になってきました。 
私は、エアブラシで瞳を塗り分けたり、自分でデカールを作ったりということを
したことがないので、アイリペは筆による手描きです。
手描きによる素人くさい部分をなるべく減らしたいと思って、
あまり大胆なリペが出来なかったのが今までの敗因だったのではないかと。
そこで今回はバニーちゃんの制作で余った上の画像の高木秋人のドヤ顔を
かなり大胆にリペってみることにしました。


おじさんリペ
大きい画像だと、荒が目立って恥ずかしいですね(^_^;)

瞳の半分から上の部分のプリントを目の細かいスポンジヤスリと
メラミンスポンジ(激落ちくん等の名前で売られているやつ)で擦って落とし、
丸いアイラインや、眉毛、瞼なんかを描き足しました。
この時は、たまたま以前買って余っていた水性ホビーカラーで
描きましたが、ラッカー系で描いた方が多分塗膜は丈夫だと思います。


P1060567.jpg
アイラインの太さ、瞳の中のグラデっぽいところやハイライトは、
バニーちゃんに採用したセイバーさんの顔とのバランスを見ながら描いたつもりですが、
いかがなものでしょう?


おじさん塗装
おじさんの標準顔が決まったことに勇気を得て、
服の方の塗装に入りました。
このあたりは、改造作業も終盤でノリノリだった為、
あまり途中経過を撮影していなくて申し訳ないです(^_^;)
とりあえず、マスキングをしつつ、淡い色から濃い色へと順番に吹いていきました。
おじさんのシャツの色やズボンの色はその場のノリで混色して作ってしまったので、
レシピは残念ながら残っていないのですが、とりあえず、
ハンチングのベースの色には26番のダックエッグカラーがドンピシャでした。


おじとりあえず塗ったところ
ベースの色が吹けたので組んでみたところ。
ベストの色が45番のセールカラーのままでは色が濃すぎたので、
白を半分混ぜて塗り直すことにしました。
ズボンの色も、もう少し焦げ茶を混ぜてチャコールグレーっぽく。
タイバニのキャラは微妙な色がたくさん使われているので、なかなか色が
一発で決まりません。
まあ、試行錯誤もまた楽し、です(^_^;)


P1060548.jpg
おじさんのハンチングはこんな風にマスキングして塗り分け。
鉛筆等で下書きすると汚くなりそうなので、
フリーハンドでいきなり貼ってみました。


とりあえず完成と思いきや
吹き直して、細かい部分に筆を入れてみたところ。
何気にバニーちゃんのズボンの色も修正しています。
足の付け根の関節は、バニーちゃんはアルファルドのものに、
おじさんは消失キョンのものにして色を合わせています。


P1080937.jpg
ツバの裏には、髪の毛の際ギリギリまでバニーちゃんのライダースーツに使った
81番のあずき色を吹きました。
上の「><」の顔も、眉をリペイントして、犬歯を作り、よりおじさん顔に。

おじ小物アップ
小物類のアップ。
時計はどの程度まで細かく作り込んだものかと色々迷ったんですが、
一応この程度で(^_^;) 分かりにくいですが、風防には凸を作っています。
ブレスレットは、手芸屋さんに売っていた一番小さい丸ビーズを使いました。
最初黒を買っていたら、あとから、ブレスレットがアメジストだと知り、
玉虫色の丸ビーズを買い直して、紫系の色をより分けて、ワイヤーで繋ぎました。
多分写真には写らないだろうとは、思っていましたが、本当に写りませんねw
まあいいや、小さなこだわりですよw
PDAはちょっと手抜きして手描きです。

ここで、悲しいミスを発見( ̄▽ ̄;)!!
設定画のベルトのグレーの部分はストライプだと勝手に思い込んでいたら、
バックルの間違いだった~~~(>_<)!!
ストライプを綺麗に塗るの、結構大変だったのにw
そうと知っていれば、ちゃんとバックルを造形したのに!!
ここまでくると、今更バックルを作り直す気力はなく、
手描きで修正しました・・・・無念orz


P1060580.jpg
そんなわけで、修正してみたのがこの画像です。
左の曲げ手も作ってバナナを持たせられるようにしてみました。


P1060673.jpg
右の曲げ手も作って、ホットドックも持てるように♪
ホットドックは、リカちゃんのモスバーガーのセットに入っていたものです。


ねんどろいど完成1
おじさんの完成に伴い、バニーちゃんにも色々と気になるところが・・・。
ライダースーツのファスナーをメタリックカラーで描き足したり、
この写真じゃ見えないですが、カーゴパンツのボタンを描き足してみたり。
あと、指輪も追加しています。
バニーちゃんのライダースーツに関しては、ポケットとか、
裾のラインとか、もっとちゃんと造形しておくんだったと後悔が一杯(>_<)
この辺はおいおい弄っていきたいところです。


タイバニのバディはチビアーツでの発売も決まりましたが、
自分で改造したものは、自分の好みの仕様に延々とカスタムし続けられるのが
良いところかな~と思ったりします。


P1080870.jpg
こんな風にキャラソンのジャケをゆる~く再現してみたりw


P1080886.jpg
こんなこともw 写真集はぷっちょのオマケです。
ちなみにこの顔はねんどろいどムギちゃんのものw


P1080902.jpg
ねんどろ初心者の、初心者による、初心者の為の
拙いメイキングではありましたが、少しでも楽しんで頂ける部分があったなら幸いです。
長々とお付き合い頂き、ありがとうございました~<(_ _)> 











2011-12-05 : ねんどろいどタイバニ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

タイバニねんどろいどのメイキング その7 (おじ帽制作編)

P1220595.jpg
バニーちゃんが「一応」完成したことでモチベがアップし、
早くおじさんも完成させて隣に並べてあげたいと思うようになりました。
ベルトの部分を盛ったり、靴を新たに履かせてみたり。
最高は股関節周りがあまり動かないので、ちょっと削って脚が前後に
開き易いように調節してみました。


P1220603.jpg
本体の大まかな改造が終わって、サフを吹いたところ。
ここでようやく、おじさんの造形の最大の難間・・・ハンチング帽の制作に
着手することにしました。


パテ超軽量タイプ
ここで登場したのが、改造を始めたばかりの頃ちょっとだけ使って
放置していたウェーブのエポキシパテ・超軽量タイプ。
あまりにも放置していたので、ちゃんと使えるかどうかちょっと不安でしたw


P1220604.jpg
フィギュアーツの股関節破損防止用に購入したシリコンスプレーは
離型剤としても使えるという記述が・・・。
ハンドクリームでは広い面積の場合、意外と離型剤の役割を果たさなかったりするので、
今回はシリコンスプレーを試してみることにしました。
ここまで一生懸命作ってきて、パテが綺麗に離れてくれなかったら泣くしかない(^_^;)
これはちょっとした冒険でした。
おじさんの頭部がぬっとぬとになるくらい、たっぷりとシリコンスプレーを吹いて、
ありったけの超軽量タイプのエポパテをくるむように押し付けました。


P1220605.jpg
いつも使っているタミヤの高密度タイプに比べて、硬化時間が短い!!
小一時間くらいで、ほとんど硬化してしまいました。
パテを剥がす時は相当ドキドキしましたが、無事にバカッと外れました☆
しかし、パテの量がギリギリで、縁の一部が薄~~~ww
これをベースにして、ハンチングの形を作っていきます。


P1220627.jpg
盛り足し部分はいつもの高密度タイプで。
強度的なこともありますが、要するに、超軽量タイプを買い足しに行くのが
面倒だったんですね(;´∀`)

一部、髪の毛の凸部分がハインチングを突き破ってしまいそうなところがあったので、
泣く泣く削って調整しました。予想はしていたけど、ちょっと残念(´・ω・`)


P1220642.jpg
カマバコ状に薄く伸ばしたパテをくっつけてツバ部分を作ります。
後で剥がれないように、念入りにシリコンオフで油分や汚れを除去してから
なじませるように貼り付けました。

P1220644.jpg
高密度タイプは硬化に時間がかかるので、自重で垂れてこないよう、
例によって逆さ置きの刑ですw


P1220713.jpg
大体の形が出来て、サフを吹いてみたところ。
写真に撮ると、ツバ部分がやや大きく、厚ぼったいような気がしました。


P1220722.jpg
かなり削ってみたけど、まだツバが大きい。
サイドに金具のパテを盛りました。


P1220729.jpg
キョンのネクタイに合わせて作ったベストの開きが狭すぎるのが気になってきて、
ネクタイの下部分を思い切ってへっぱがし、ベストの開きを大きく変更しました。


P1220731.jpg
画像だと変化が分かりづらいかと思いますが、かなりツバ周りを削って
この状態にもっていきました。 本当はもっと薄くしたかったけど、
着脱の際に破損しない為にはこれくらいにしておいた方が強度的に安心かな、と。 
ねんどろいどは作ったらそれでおしまいじゃなくって、
遊んでナンボなので、強度的なことは常に考えてしまいますね~。
あと、最初に頭部から外したそのままでは、あまりにも頭にピッチリ過ぎて、
着脱の際に頭部の塗装を傷付けてしまいそうだったので、
ハンチングの内側を、サフの厚み+α分くらい、
スポンジヤスリをかけて薄く削っておきました。


P1220732.jpg
後ろから見たらこんな感じ。
ハンチングを被せることを考えて、頭の上部分はほとんど弄っていません。
後ろ髪は、今見ると、もうちょっと毛束を足した方が良かったなって
思いますね。 ちょっと悔しい(>_<)
それと、それと!!! 設定画を見逃してしまっていて、
ハインチングの後ろ部分の金具を作っていない~~~(笑)!!!
実はこのまま気づかずに塗装まで仕上げてしまって、
おじさん、未だにこの部分の金具は無いままですw
う~~ん、そのうち作ってあげないとwww

腕時計等の小物は後で弄るとして、おじさんの造形的な部分はこれで完成しました。
(この時点で気づいてなかったハンチングの後ろの金具を除いてorz)

次回、おじさんの塗装編で多分完結です。
2011-12-05 : ねんどろいどタイバニ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

タイバニねんどろいどのメイキング その6 (バニ塗装編)

P1060166.jpg
2人の造形の目処が大体立ってきたので、塗料をいくつか買ってみました。
わ~、どこでいくらで購入しているのかバレてしまう画像ですねwww
本当はもっとたくさんの種類が欲しいところですが、
ある程度は混色で賄うつもりでとりあえずこれだけ。


P1220529.jpg
改造のモチベーションを維持する為に
とりあえずバニーちゃんの髪の毛だけ塗装してみました!!
身体はまだなので、とりあえず先日作ったペルソナ3主人公のボディにオン☆
塗料はクレオスのミスターカラーの39番ダークイエローをうすめ液で倍に薄めて
エアブラシで全体に吹き、頭頂部にミスターカラー45番のセールカラーを
グラデーションで吹いています。
でも、写真に撮るとグラデなんかほとんど分からないですね(^_^;)
セールカラーは無しで、下の方にもうちょっとダークな色を吹いた方が良かったかも。
エアブラシはあった方がそりゃあ便利ですけど、
無い場合は、髪の毛パーツだけはなるべく近い色のラッカー系のスプレーを
吹いてやると綺麗だと思います。その方が後始末も簡単ですしね(´∇`)


P1220530.jpg
やっぱり頭部が完成するとテンションが上がりますね(*^▽^*)!!


P1220545.jpg
アスカとシンジ君のプライズのフィギュアと挿げ替えてみました。
おじさんの髪の毛がまだサフのグレーのままなので、
おじさんというよりも、ちょっと海老ちゃんっぽいですねw


P1220540.jpg
おじさんの方の改造も地味に進行。

画像では分かりにくいですが、カッターで削ったり、ペーパーをかけたりして、
ズボンのセンタープレスを作っています。
消失キョンのズボンを使えば、このあたりの作業は省略出来て楽なはず。
おじさんと言えば、さとう監督がこだわりにこだわったというソックスのチラ見え・・・
これを表現する為に、元のズボンの裾を削り落として、
パテで新たに裾を短めに造形しました。
足首や靴部分も表面を薄く剥ぐように削り落として、ヤスリをかけ、
この後新たにパテで靴を履かせました。
これが無かったら、随分と楽だったのに、チラ見せェ・・・(;´Д`)


P1220556.jpg
テンションが上がったところで、バニーちゃんの服の塗装に突入☆
タイバニのキャラには結構微妙な色が使われているので、
半分以上は混色して作りました。 
例えば、バニーちゃんのライダースーツやベルト部分はこんな感じの3色を
混色して作っています。
ライダースーツの赤は、ミスターカラーの81番のあずき色をそのまま使いました。

P1220561.jpg
マスキングして、お風呂場でエアブラシで塗装。
私には塗装ブースはおろか、自分の部屋すらないので、
塗装はベランダかお風呂場でやっています(^_^;
お風呂場はホコリが付きにくいのが良いですね。
シリコンオフで表面の油分を拭い、ホコリをよく飛ばしてしてから
塗料を吹くようにしています。
パーツを差しているのは、子供が使わなくなった油粘土です。


P1220565.jpg
マスキングしきれずハミ出した部分や、ベルトのバックル、ベルト穴、
ベルト通しの部分なんかは、筆でちょいちょいと☆


P1220568.jpg
またしても、マスキング作業。 この当たりは作業に夢中になっていたので、
あまり詳細に撮影出来ていなくて、申し訳ないです。
基本的には、薄い色→濃い色と順番吹いていくようにすれば、
失敗は少ないかと思われます。

エアブラシが無くっても、細かい部分は筆塗りで十分なんじゃないでしょうか。
表面処理を綺麗にするのと、塗料を適切な濃度に薄め液で薄めてやることさえ
気を付けたら、それなりに綺麗に仕上がると思います。


P1220569.jpg
塗装の乾燥待ち中。

十分に乾燥させたら、組み上げる前に、
ラッカー系のつや消しクリアを全体に吹きます。
そうすると、表面の質感が均質になって、市販のフィギュアっぽい感じになります。
私もよく失敗するんですが、吹き過ぎると白く曇った感じになってしまうので
ご注意を!! あと、これは常識だと思いますが、
塗装関係はなるべく湿度の低い、晴れた日にやるようにしましょう。


P1220579.jpg
一応塗装が完成したので組んでみました。
この写真は実際の色よりもかなり鮮やかな色合いに写っていますが、
それにしても、ズボンの色が緑色過ぎました(;´Д`)
き、気になる~~~(>_<) 関節の水色も目立ちます。
ズボンの色に関しては後で修正決定です。


P1220582.jpg
とはいえ、全体の色が塗れたのはやっぱり嬉しい(*^▽^*)


P1220584.jpg
股関節周りをかなり削ったので、ちゃんとバニーン!!ポーズも出来ます。


P1220588.jpg
バナナをどうぞ!! 虎徹さん!
バナナはシルバニアファミリー朝食セットに入っていたものです。


P1220634.jpg
バニーちゃんの眼鏡は、秋人のメガネの黒縁部分をカッターで削っていたんですが、
作業中にうっかりヤスリで擦ってしまったりして、結構キズキズでした。
これは、家にあった車補修用のコンパウンドで、
細目→中細目→鏡面仕上げ用の順番で磨いてやり、
少量のシリコンスプレーで拭き上げてやるとピカピカになりました☆
バニーちゃんも視界晴れ晴れで嬉しそうですwww

この後、色々と修正はしましたが、とりあえずここで切ります。
2011-12-04 : ねんどろいどタイバニ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

タイバニねんどろいどのメイキング その5 (顔パーツ迷走編)

ここから先しばらくは改造の停滞期・・・というか、
ちょっと不本意な時期のご紹介になります(^_^;)
まあ、迷走っぷりを見て頂くのも面白いかもしれないので、
無理矢理テンションを上げていきますよ~~w

おじさんの髪の毛の造形の目処が立ってきたので、
そろそろ顔パーツの選択とリペを考えてみることにしました。

1aca40c5001d837dfcd50d3d065184ad.jpg
※画像は公式からお借りしています。

おじさんはやや色黒キャラということで、バニーちゃんと対比させる為に、
投げ売りされていたねんどろいどアルファルドの
上の画像の顔パーツをとりあえず採用。


アイリペ前
眉とか、目尻の尖った部分とかの要らないところをシンナーな含ませた布や
目の細かいスポンジヤスリで擦って落とし、
アニメの設定画を見ながらアクリル絵の具でリペってみたのですが・・・


P1060111.jpg
なんか可愛くない(´・ω・`)

上側のアイラインが角張っているからダメなのかなって、
滑らかなラインに描き直してみたのですが・・・


P1060121.jpg
やっぱりなんか可愛くない(;´Д`)
なんだかやーらしげなラテン親父って感じw?

気を取り直して、バニーちゃんの方の顔に着手することにしました。
be6624bbe18db5fb25fc6c4d82cc6e8e.jpg
※画像は公式からお借りしています。

P1060116.jpg
初期のツンバニちゃんにはちょっと不機嫌な表情のイメージが強いので、
これはイケるはずと思って、設定画を見ながらリペ。


P1060125.jpg
しかし、前髪パーツをハメてみると、これまた全然可愛くない~~(>_<)
しかも、眼鏡の縁や、前髪で瞳のハイライトが隠れてしまいます。

このあたりで、どうやらねんどろいどのアイリペに関しては、
本家の設定画を参考にしても、あまり可愛くならないと悟りました。
いや、ネットの作例では素晴らしいものもあったので、多分私のアレンジセンスが
いまいちなんだと思いますが(ノω;)


P1060129.jpg
リペった顔があまりにも可愛くないので、バニーちゃんを初音ミク顔に、
おじさんを鹿目まどか顔に変えてとりあえず気持ちを落ち着かせましたw

あ、バディの髪の毛がまたまだらになってきているのは、
リペ作業の合間にスポンジヤスリで表面処理をしていたからですw


P1060171.jpg
顔パーツの選択やリペがしっくりハマらず凹んでいたところに、
オクで落札したセイバーさんとアイリの顔パーツが届きました。


P1060172.jpg
セイバーさんのドヤ顔を試しにバニーちゃんにはめてみたら、
おおおお、これはイケるかも!?

21bc32ac868e9adffb3e617f63867b05.jpg
※画像は公式からお借りしています。
バニーちゃんをセイバーさん顔でいくなら、やっぱりおじさんは
キャラデザの方が同じアルファルドのリペでいくかと思いました。
今度はこの顔をリペ。


P1060175.jpg
う、う~~~ん、最初の顔よりは大分マシなような気もするし、
セイバーさん顔のバニーちゃんとも雰囲気は合いましたが・・・。
正直まだ納得がいかない状態(´・ω・`)
まだまだ検討の余地ありだと思いました。


P1060128.jpg
元からある部分とのバランスを見ながらおじさんとバニーちゃんの後ろ髪を追加。
後ろ髪の重なりは全部一度に作ってしまわず、一列ずつ表面処理と
サフ吹きまで終わってから次の植毛に移るようにすると、
仕上がりが綺麗だと思います。


P1060157.jpg
毛束追加後、バニーちゃんにまたサフを吹いてみました。
書き忘れていましたが、サフを吹く前には、缶をお風呂よりも少し熱めのお湯に
しばらく浸けてあげてから吹くと、均一に勢い良く吹けると思います。


P1060161.jpg
斜め後ろから見るとこんな感じ。


P1060163.jpg
斜めから見た時の髪のラインの重なりが単調だったので、
ここでもう2本毛束を追加しました。


P1220497.jpg
初めて全体にサフを吹いてみたところ。


P1220500.jpg
バニーちゃんと言えば、やっぱりBD初回限定版の桂先生画のあのバニーン!!
ポーズだよな~と、アルファルドの曲げ手・曲げ足を改造しました。
バニーン!! ポーズを取らせる為に、股間周りを少々削っています。
直立姿勢の時にちょっと関節が目立ってしまうのは妥協しました。
未練がましくキョンのリペ顔をはめていますね、この写真ww


P1220504.jpg
上着のモールドを掘ったり、ベルト周りの形を削り出したりと、
細部を詰めていきます。上着のポケットの造形を省略したことは、
ちょっと後悔していますね~(^_^;)


P1220507.jpg
カーゴパンツのポケットや、ブーツのベルトをパテで盛ります。
こういう細かい部分は、サフを吹いた後に盛った方がパテの食い付きが良いみたい。


P1220512.jpg
一見汚く見えますが、おじさんの表面処理もじんわりと進行。


次は塗装編かな?


拍手ありがとうございます!!
メイキング記事は写真の選択や加工が地味~に大変なので、
拍手はものすごく励みになります~ヽ(*´∀`)ノ♪


以下、非公開で頂いたコメと拍手コメへのお返事です↓


続きを読む

2011-12-04 : ねんどろいどタイバニ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

タイバニねんどろいどのメイキング その4 (おじ髪造形編)

P1060022.jpg
バニーちゃんの方の造形の目処が大体ついてきたので、
完成を待たずしておじさんの方の改造に着手することにしました。
まずはバニーちゃん同様、髪の毛パーツの要らない部分をニッパーと
カッターでザクザク落とします。
同じ真城最高を使っても、ペルソナ3主人公とは、
かなり最初のカットからして変わってきます。


P1060023.jpg
パテを盛り盛り。
おじさんに関しては、いかに元の部分を生かしつつ、
おじさんらしい髪の毛のラインを出していくかを工夫しました。
髪の毛の細い部分とかは、使える部分は使った方が、強度的に絶対良いので。


P1060026.jpg
ここでちょいとバニーちゃんと並べてバランスの確認。
この2人は単品で見て完成しているだけじゃダメで、
並べた時にバランスが取れていてナンボなので、形が違っても
髪の毛の作り込みやボリュームが揃っているように気を付けました。


P1060029.jpg
バニーちゃんとのバランスを見つつ、おじさんの後ろ髪を盛り盛り。
サイドの髪の分け目の処理に悩みます。


P1060028.jpg
おじさんが来てくれて嬉しそうなバニーちゃんww
おじさんの髪の毛のパテの硬化待ち中に地味に毛束を足したり、
ベルトやブーツの形を出したりしています。


P1060033.jpg
正面から。 ようやくタイバニのバディに見えてきて、私も嬉しい~(*^▽^*)


P1060039.jpg
バニーちゃんに比べて、おじさんは形になるのが早い早いwww
ここまで来ると、表情パーツを変えるのも楽しくなってきます♪


P1060044.jpg
しかし、おじさんにも、髪の分け目という難間があるのでした(^_^;)
これはデザイン的に処理しようとして没ったパターン。
アルファルドの表情パーツが今見るとちょっと海老ちゃんっぽい?


P1060047.jpg
分け目の件はいったん放置して、上半身の改造を進めます。
ネクタイはペルソナ3の主人公を作る際に、消失キョンからもぎ取ったものを
再利用しようとしたんですが、それに合わせてベストの開きを作ったら、
ちょっと狭すぎました。 後で作り直したので、結局二度手間・・・・
最初から自分で造形した方が良かったです(^_^;)


P1060049.jpg
おじさんの顔パーツに迷って、試しにまどかの顔をはめてみたところ。
う~~ん、ちょっと肌の色がピンク過ぎるし、かわい過ぎましたね(;´∀`)


髪の分け目
サイドの髪の直線的な形状はやめて、もっと柔らかいラインで行くことに。
もっと立体的な感じにしたかったんですが、
ここで、おじさんにはハンチングを被せなきゃいけないという事実を思い出しました。
出来れば前髪の差し替えナシで着脱出来るようにしたかったので、
ここはきちんと立体的に造形することはあきらめて、
やや平面的に処理しちゃうことにしました。


P1060090.jpg
ここで、2人共に後ろ髪の毛束を追加。


P1060096.jpg
大体の形が見えてきたので、ここで表面の凸凹や造形のバランスを確認する為に
プラサフ(サーフェイサー)を一度吹いてみることにしました。


P1060098.jpg
表面がサフによって均質化することで、一気に完成に近づいたような気が
一瞬しちゃいますが、実は表面処理がまだまだであることを
思い知らされるという・・・www


一端ここで切ります~☆
2011-12-04 : ねんどろいどタイバニ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

タイバニねんどろいどのメイキング その3 (バニ髪造形編)

やっと本体の改造に辿り着きました~(;´Д`)
ダラダラ説明するよりも、実際に見て頂く・・・ということで、
これからは画像中心の記事になると思います。


P1040054.jpg
タイバニのねんどろ改造はバニーちゃんの制作から入りました。
あの特徴的な巻き毛を再現するのに非常に苦労しそうだと思ったので、
先にこれをクリアしとかないと、モチベが維持出来ないと踏んだからです。

まずは秋人の髪の毛パーツの要らない部分を結構大胆に模型用ニッパーで
バッチンバッチンとカット。前回の記事で写真に撮るのを忘れていてすみません。
細かい作業ではないので、普通のニッパーでも十分だと思います。
シュージンのドヤ顔がなんか怖いww


P1040056.jpg
顔パーツにパテがくっついてしまわないように、
セロハンテープで軽く保護した上にハンドクリームを塗っておいてから、
前髪パーツによく練ったエポキシパテを盛り付けます。
パテを盛り付ける前には、ペーパーで軽く表面を荒し、
シリコンオフで汚れを油分を拭き取っておくようにすると、
パテの喰い付きが良くなります。
この時点では五つの大きな毛束しか作っていません。


P1040949.jpg
眼鏡は、前髪に盛ったパテが完全に硬化しないうちに
ハンドクリームを眼鏡のツルにたっぷりと塗り付けてから、
顔パーツと前髪に盛ったパテの間に挟んで押し付けます。
眼鏡のツルに凸部分があるので、それを前髪の裏に押し付けて凹部分を作り、
そこに眼鏡を引っ掛けられるようにするわけです。
上手くいけば、眼鏡有り、無し両方のバニーちゃんが楽しめます。
サイドや後ろ髪も盛ります。


P1040954.jpg
後ろ髪は一度に全部盛ってしまうと、あとあと表面処理がしにくくなるので、
まずはこれだけ。 サイドの毛を盛る時は、後頭部のパーツのサイドを少しカッターで
削ってヤスリをかけておき、そこにハンドクリームを塗って
パテがくっついてしまわないようにしてからにします。


P1040955.jpg
硬化に時間のかかるタイプのパテなので、自重で巻き毛のカールが伸びてきて
困るとボヤいていたら、ツイッターでお友達が「逆さに置いてみたら」と
アドバイスをくれたので、実践してみたら、これが大成功!!でしたw


P1040958.jpg
パテが完全に硬化してしまう前にカッターで軽く形を出していきます。
試しに消失キョンの顔をはめてみたら、不機嫌なバニーちゃんがw


P1040962.jpg
ちょっとずつ毛先をシャープにしていきますよ~。

P1040965.jpg
ここで一度荒目のスポンジヤスリで表面を軽くならしてみました。
毛束がバナナの房みたいでイマイチですね。


P1040966.jpg
サイドから見るとこんな感じ。 まだまだ情報量が足りません。


P1040968.jpg
どうせヤスリがけで消えるので、お遊びにタコ描いてみました。


P1040971.jpg
前髪があまりにも大雑把過ぎるので、カッターで削って山部分を作ってみました。


P1040975.jpg
後ろ髪のカールを盛り足して、またしても逆さ置きの刑w


P1040983.jpg
ちょっと毛先に動きが出て来た頃。


P1040984.jpg
しかし、サイドから見ると、まだまだ毛束が重過ぎます。


P1040988.jpg
毛束追加。


P1040989.jpg
さらに毛束追加。
この頃から髪の毛に柔らかさが出てきたかも。


P1040995.jpg
サイドや後ろ髪にも毛束追加。


P1040996.jpg
髪の毛の造形が大体出来てきたところで服の改造の事を考え出しました。
秋人のジャージに最高の足を合体。
バニーちゃんの服も赤なので、ちょっとだけ完成がイメージしやすくなりました。


P1060020.jpg
襟元や、上着の裾をカットしてパテを盛り、バニーちゃんのライダースーツや
ブーツの形を出していきます。 腰の部分は分割出来るようにしておかないと、
のちのち塗装が大変になるので、予め上半身の裾にハンドクリームを
塗り付けておいて、パテがくっついてしまわないようにしました。


この時点まできて、ようやくバニーちゃん制作の目処が立って
大いにほっとしましたε-(´∀`*)
2011-12-03 : ねんどろいどタイバニ : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

タイバニねんどろいどのメイキング その2 (素材・道具編)

素体の次は、私が改造をする時によく使う素材や道具をご紹介します。
私にとってはどれも便利で必須なものばかりですが、
多分フィギュア改造のセオリーとは全然違うと思うので、ご注意を(^_^;)
ほとんどが車の補修用と兼用か、改造し始めの頃に買ったものを、
無くなってはまたなんとなく追加で購入しているかのどちらかですw


パテ高密度タイプ
タミヤのエポキシ造形パテ高密度タイプ。
二剤を同量ずつよく練ると硬化し始めます。
メインで使用・・・というよりも、ほとんどこれしか使っていません。
硬化に数時間以上かかるので、はっきり言って作業効率的にはイマイチなのですが、
その名の通り高密度で細かい部分の造形がしやすく、
硬化後もしばらくはゴムのような弾力性があり、破損しにくいです。
このパテの硬化待ちの間に、並行して改造している別のねんどろいどの
作業をしたりしています。

パテ超軽量タイプ
ウェーブのエポキシパテ軽量グレータイプ。
その名の通り軽量で、硬化時間も上記のものに比べてグンと早いです。
今回はたまたま少し残っていたものをおじさんのハンチングの土台を
作るのに使いきりました。
ただでさえねんどろいどは頭が重いので、少しでも軽量に仕上げるのに
有効だったと思います。 ただし、古いものを使ったせいか、
ところどころ気泡が出来てしまったので、それを埋める作業が必要でした。

追記(2014年)↓
BfCJWQaCQAAzhis.jpg
実はタミヤの高度は最近ではあまり単体で使っていません。 
使うとしたら、速硬化タイプと混ぜて使うことが多いです。
最近メインでよく使っているのは、クレオスのエポパPRO-Hです。
高密度なのに速硬化タイプで、グレーで造形の状態が掴みやすいのが気に入ってますが、
夏場はかなりベトつくので、手に少量のハンドクリーム必須かも。

P1080926.jpg
超軽量タイプのエポパテ硬化時に出来てしまった気泡や、
素体とパテの細かい段差には、上のMr.ホワイトパテをなすりつけて硬化した後、
ヤスリでならして消しました。

下の瞬間接着剤は、改造中にパテが折れてしまった部分の補修や、
微細な気泡埋めに。
あと、パーツを抜いたり差したりしているうちに、
ゆるゆるのスポスポになってしまったりした穴に
楊枝の先とかにちょっと取って塗布し乾燥させ、ゆるスポを解消したり。

追記(2015年)上の二つは現在はほとんど使っていません。代わりにこれ↓
BfDE353CMAACne_.jpg
最近改造やフルスクラッチの作業時に非常によく使っているシアノンDWと、シアノンプライマーです。
シアノンはやや透明感ととろみのある白色の瞬間接着剤で、
シアノンプライマーを吹きかけると、一瞬で硬化します(厚く盛ると中が硬化しにくいので、
薄く盛っては硬化させるを繰り返すと良いです)
適量をベビーパウダーと混ぜると(一対一くらい?)硬化時の切削感がよくなり、
エポパテとも馴染みやすくなります。
少しお高いですが、私はこれで作業効率が劇的に向上したので、オススメです。
私は間違って50g入りを買ってしまいましたが、まず使い切れないので、
20gのものがオススメ。
ツイッターの情報によると、紙ヤスリの裏にシアノンを薄く塗って硬化させておくと、
ほどよいしなりと丈夫さが生まれて、狭い隙間を磨いたりするのに非常に具合が良いとか。

P1080917.jpg
左は車の補修の際に塗料の下地に使うサーフェイサーという下地剤です。
ボデーペン プラサフという商品名でホームセンター等に売っています。
ちゃんとした模型やフィギュア用のも使ったことがあるのですが、
こちらの方が塗膜が硬いのが好きでメインで愛用しています。
(プライマー入りでガレージキットにも使えるし)
表面処理が終盤になってくるとクレオスのサフを使うこともあります。
サフに限らず、スプレー類は、使う前にお風呂程度の熱さのお湯につけて缶をあたため、
親の仇のように振って振って振りまくってから吹くのが上手く吹くコツだと思います。

真ん中下は、同じく車補修用のシリコンオフというスプレーです。
これを吹いて乾かないうちに柔らかなキレイな布で拭き取ると、
油分が簡単に落とせて、上に乗せる塗料やパテの密着度が高まります。
ただし、灯油のような臭いがするので、使用時は換気をしっかりと。
油分を取るという意味では、コピックのバリオスインクのようなアルコールで
拭くのも有効みたいですが、塗料の上から使うと、塗料を溶けてしまうので、
シリコンオフの方が万能かもしれません。

真ん中上のハンドクリームは、逆にパテがくっついてしまっては困る部分に
予め塗っておいたり、パテの表面をならすのに使ったりします。
エポパテを練るのに、指に少量塗ってから使うとベタつかなくて良いようですが、
パテ同士がくっつきにくくなるような気がして、私はあまり使いません。
直接素手で練っています。 皆さんは薄手のゴム手袋か何かをした方が良いと思います。

左のシリコンスプレーは可動フィギュアの関節のギチギチ防止に買ったものですが、
離型剤としても有効なので、今回はおじさんの帽子を作る際に離型剤として
使用しました。 ハンドクリームやメンタムは広い面積だと、
意外に離型剤としては役に立たなかったりするので、
一本あると便利だと思います。 ホームセンターで200~300円くらいであるはず。
あ、こんな大きい缶でなくても大丈夫ですよw


カッターとかヤスリとか
最後に、パテ造形時に使う道具を少々。
私は大まかな作業は大体タミヤの黒い模型用カッターでやってしまいます。
模型用といっても、普通のカッターと形状はまったく同じなんですが、
ゴムのグリップが手に馴染んで、刃先が安定するので使い易いのです。
パテを削るのはもちろん、先にハンドクリームを塗って、
ヘラのように使うこともしょっちゅうです。
少し使用したらどんどん先を折って、常に綺麗な新しい刃が出てる状態にしておきます。
デザインナイフも持っていますが、持ち替えるのが面倒でほとんど使いません。

ヤスリは、少し高いのですが、スポンジタイプがすごく使い易いです。
番手等は適当ですが、スリーエムのスポンジ研磨剤という商品の、
FINE及びMEDIUMと裏に書かれたもの二種類があると便利でした。
髪の毛の谷間なんかの細い隙間は180番くらいの紙ヤスリを折ってヤスったりします。
エッジを出したい時は、薄いプラ板に紙ヤスリを両面テープで貼り付けたものを
細く切り分けた自家製ヤスリスティックで磨くと具合がいいです。
バニーちゃんの巻き毛の内っかわなんかを磨くには、丸棒タイプの金ヤスリが
便利でした。この辺のヤスリは主に形を出す為のもので、
最終的な表面処理には1000番くらいの目の細かいヤスリが必要だと思います。
私は面倒なので、ほぼ上の写真のものだけで済ませちゃいますけど(^_^;)

追記(2015年)
BjZJL88CcAEoWQf.jpg
細かい隙間を磨いたり、アイプリを消したりするのに、ヤスリで先を鉛筆のように尖らせた
ガイアノーツのスーパースティック砥石をを1.3mmのシャープペンシルに仕込んだものをよく使用します。
私は便利に使っていますが、目立って削れたり磨けたりするわけではないので、
合わないと感じる人もいるようです。

P1080936.jpg
彫刻刀の丸と三角の小さいやつです。
丸の方は、関節周りの調整や、バニーちゃんの巻き毛の内側を掘るのに、
三角の方は服のスジ彫りに使いました。

Bvz5R47CMAEiW24.jpg
アイガーツールの超薄刃精密ナイフも便利です。
先端のアールのついた形状のお陰で細かい凹み部分が削り易くなりました。

By_KqvjCcAENrJQ.jpg
2015年現在では、ほとんどの造形作業は1番右の30°刃を仕込んだカッターと上記の
アイガーツールのナイフでやってるんですが、真ん中のパワーグリップ彫刻刀の丸1.5㎜もよく使っています。

ハンドピース
塗料を均一に吹き付ける為のハンドピース。
いわゆる「エアブラシ」と呼ばれる道具です。
私は、ネットで買った2000円ちょっとの激安品を使っていますが、
以前使っていた高額なものと比べても使い勝手は悪くなかったです。
寧ろ前のよりも良いかも。
ショップのリンクは貼りませんが、
楽天で「ハンドピース ネイルアート」で検索したら簡単に出てくると思います。


アイリペ道具
ねんどろいどに限らず、私がよくフィギュアのアイリペ等に使っているもの達です。
サクラアクリルカラーは、母が普通の透明水彩と間違えて買ったもので、
よく食玩のフィギュアのリペに使っています。
本当はアクリルガッシュと呼ばれるものを使った方が良いようですが、
何故かは不明・・・(^_^;)
ねんどろいどのアイリペには、アクリルカラー、水性ホビーカラー、
ラッカー系と、その時の気分で色々使っちゃってます。

パレットは100均一の使い捨てタイプ。
アクリルカラーにしろ、ラッカー系にしろ、乾くと洗い落としにくいので。
筆は、入手のしやすさとお値段のバランスで、
クレオスのMr.ブラシの丸筆000号を使っていますが、
正直、当たり外れも激しいし、耐久性もいまいちなので、
安くて良い筆があれば、私の方が教えて頂きたいです!!

追記(2015年)↓
B6uaIJSCIAAT6Bk.jpg
某掲示板でアドバイス頂きまして、今愛用しているのはこの筆です。
インターロンの3/0号、大体300円弱で買える模様。
私は世界堂さんの通販で送料が無料になる本数をまとめ買いしています。
穂先がバラけてきたら、カッターでバラけた毛を間引きして、細描き用にします。
それでも描き心地に納得いかなくなったら次のを下す感じです。
高い筆を大事に使い込むよりも、そっちの方が私には合っているようです。
この筆にしてから、筆塗の精度がグッと向上しましたね~。

メラミンスポンジ
「激落ち」等の名称で売られているメラミンスポンジ。
通常フィギュアの表面の塗装やプリントはシンナーを含ませた柔らかい布で
拭って落とす事が多いと思われますが、手っ取り早い反面、
下地を侵す可能性もあります。
メラミンスポンジに水を含ませて根気良く擦ってやると、
時間はかかりますが、加減を見ながら消せるし、下地を侵す危険が少ないです。
フィギュアに付いたホコリによるくすみや手垢なんかもこれで落とせます。
ただし、擦った部分のツヤは無くなるので、必要に応じて
磨き直したり、クリアを吹いたりは必要です。
私は、アイリペが気に入らなかった時や、ちょっとした塗装ミスなんかも
これで擦ってリカバリーしちゃったりします。
残ってもお掃除に使えるので、是非用意されると良いと思います。 
本当に便利!!


以上、素材・道具編でした。
ヤバイ、このペースだと一体いつ終わるか分からないぞwww
2011-12-03 : ねんどろいどタイバニ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

タイバニねんどろいどのメイキング その1 (素体編)

タイバニのおじさんとバニーちゃんのねんどろいどの完成以来、
有難くも、何人かの方から、メイキングの希望を頂きました。

ねんどろいどの改造を最近始めたばかりの初心者が
一体どのようなメイキングを・・・と、色々と迷ったのですが、
講座とかそんな大層なものではなく、「私はこうやって作ったよ~」的な
ものならなんとか書けそうな気がしたので、
見切り発車で始めてみることにしました。
よく考えたら、そもそもねんどろいど改造自体が見切り発車でしたしね/(^o^)\

多分、改造をよくされる方から見たら非常に効率の悪いやり方をしていて、
突っ込みどころ満載かと思われますが、
生あったかく見守って頂ければ幸いです!!


何はともあれ、おじさんとバニーちゃんを作るにあたって、
素体にしたねんどろいどをご紹介☆
とりあえず、絶対に必要なのは下の2つです。
P1030940.jpg
ねんどろいど高木秋人。
髪の毛パーツとメガネと上半身をバニーちゃんに、
顔パーツをおじさんに使いました。

P1030941.jpg
ペルソナ3の主人公を作るのに使った真城最高。
本体をほぼ丸ごとおじさんの改造に使いました。


以下は、手足のバリエーションや、関節の色合せの為に、
投げ売りされていたら確保しておくと良いねんどろいど2体。

P1060034.jpg
近所の家電量販店のホビーコーナーで投げ売られていた
ねんどろいどアルファルド。
バニーちゃんの曲げ手と曲げ足、ズボンの関節の確保の為に買いました
残ったパーツは、ねんどろいどホァンちゃん制作に使う予定です。


P1030935.jpg
そして、ねんどろいど消失キョン。
私は使わなかったですけど、足パーツにセンタープリーツが入っているので、
おじさんに使うと造形が楽になると思います。関節の色も丁度良いです。
表情パーツもバニーちゃんやおじさんに使えます。
マフラーも嬉しい小道具です(*^▽^*)
2011-12-03 : ねんどろいどタイバニ : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

タイバニのバディのねんどろいど完成しています。

org146219_0_1087328.jpg
あちこちにアップしたくせに、自分のブログにアップするのを忘れていました(^_^;)
タイバニのバディのねんどろいど、完成しておりますw
おじさんの完成に合わせて、バニーちゃんの方をちょこちょこ修正しました。
おじさんの帽子は着脱可で、下段の写真のように、バニーちゃんにも
被せられます。

P1080830.jpg
ちゃんと衣装交換させるとこんな感じ~(*^▽^*)







2011-12-03 : フィギュア関係(改造含む) : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ポトレ10の浴衣綾波をゆるく箱根仕様に☆

お久しぶりです(^_^;) 
前回の記事に「詳細は後ほど~」なんて書いてから
一ヶ月以上もトンズラしてしまいました。
タイバニのねんどろいどについては、ありがたくも詳細やメイキングの希望をちらほらと
頂いているのですが、その前にエヴァの記事をひとつ。


P1060083トリミング
とある方にご依頼を頂きまして、ポトレ10の浴衣綾波をプチ改造してみました。
ちょこちょこ弄って、ゆるく箱根仕様にしてあります~。

3764924_1355944914_160large.jpg
ますは、いつものようにお湯に浸けて、分解。

3764924_1357048872_138large.jpg
うちわには元のより若干薄いパープルをエアプラシで吹きました。

3764924_1367113448_152large.jpg
模型用の極細筆で帯に模様と紐を描き入れました。 
色はポトレの浴衣の色に合せて調色して統一感を出したつもりです。
うちわのスジも描き足しました。 
綾波は若干顎が長いような気がしたので、輪郭を少し削ってペーパーで
ならしました。ついでに、アイリペする為に目の塗装も落としました。

3764924_1367750447_99large.jpg
綾波の首の向きをグリッと変更。首の向きを変えたら目線も変わるので、
顔は全部塗り直しました。 右が改造前、左が改造後。 
薄~く口紅と頬紅も入れてあります。 
ハイライトは松原さんのイラストに合わせて2個描きました。

3764924_1367815083_159large.jpg
「箱根」の文字は、デカールを作ることも考えたのですが、
結局筆で手描きすることに。

P1060019.jpg
とりあえず組んでみたところ。 
ここから瞳のハイライトの大きさやうちわの模様、帯の紐の描き方なんかを修正して
仕上げたのが一番上の写真になります~☆

3764924_1371839270_254large.jpg
元絵と並べるとこんな感じ。 
簡単なリペ・改造ではありましたが、ご依頼主には大変喜んで頂けたようで
嬉しかったです(*^▽^*)!! 


管理人が留守にしている間も拍手をありがとうございました!!


★高野さん

お返事が大変遅くなってしまってすみません(>_<)
ねんどろバニーちゃんのお誕生日画像を可愛いと言って下さって
ありがとうございました~(*^▽^*)
2011-12-03 : フィギュア関係(改造含む) : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

梅

Author:梅
最近あまり絵が描けなくなったので、フィギュアのリペ・改造で作品への愛を表現中☆拍手・コメントは宝物♪拍手へのお返事は記事内にて(*´ω`*)

FC2カウンター

同人サイト様に限りリンクフリー☆

http://ume705.blog10.fc2.com/ お持ち帰り用バナー↓
バナー第三弾バナー第四弾バナー第五弾バナー第八弾バナー第七弾バナー第六弾
本ブログに使用した「新世紀エヴァンゲリオン」の画像は (株)ガイナックスのガイドラインに沿って掲載しています。 配布や転載は禁止されています。

フリーエリア

メールフォーム

何かありましたら、どうぞ☆

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。